こんにちわ!こんばんわ!女性営業マンとして日々奮闘しているなっちゃんです!

スマートフォンで簡単なメールチェックや返信はできますが、資料作成や社内の報告作成などはパソコンを使っているのではないでしょうか。

しかし、外出が多い営業パーソンは、デスクトップではなく、ノートパソコンを利用している方が多いでしょう。外出時にも仕事できるように、持ち運べなくてはなりません。

そんなノートパソコンですが、電源が急に入らなくなったというトラブルに見舞われたことはありませんか。外出先では焦ってしまうでしょう。

今回はノートパソコンの電源入らない時の原因や、その場で試してみたい対処法について解説します。

ノートパソコン電源が入らない原因と基本対処

  • ランプの点灯を確認
  • バッテリーの充電不足・故障
  • 電源コードの確認
  • 帯電している
  • 周辺機器の問題
  • ウイルスに感染
  • 実は電源が切れていない

ノートパソコンの電源が入らない原因はいくつか考えられます。修理が必要な場合もありますが、その前にいくつかのポイントを確認し、対処法を試してみましょう。

電源が急に入らなくなると焦ってしまいますが、落ち着いて確認すると、簡単に問題を解消することができてしまう場合もあります。

そのため、本当に自分で直すことのできない故障なのか、ポイントを確認してから修理や買い換えることを検討しましょう。

ランプの点灯を確認

ノートパソコンには通電ランプがあります。電源が入っている時はランプが点灯するので、まずはここを確認してください。

ランプが点灯しているのに画面に何も出てこない場合、マザーボードの故障が疑われるので、こうなってしまっては素人は何も手を出さない方がいいでしょう。修理のプロに任せるべきです。

点灯していない場合は、電源が来ていない可能性があるので、下記の原因が考えられます。

バッテリーの充電不足・故障

ノートパソコンの場合、バッテリーの充電不足ということが考えられます。そのため、まず最初にバッテリーの充電量を確認しましょう。

充電量に問題がない場合は、バッテリーが故障している可能性もあります。バッテリーは劣化しやすく、故障が発生しやすい部品です。その場合、正常な電源供給をできず、ノートパソコンの電源が入らない可能性も疑われます。

対処方法

バッテリーを外した状態で、ACアダプタを使いコンセントに接続してノートパソコンの電源が入れば、原因はバッテリーということになります。

バッテリーを充電したり、新品と交換したりしてください。

電源コードの確認

故障確認の前に、電源コードがコンセントから抜けていないかを確認しましょう。奥まった場所や、見づらい箇所にコンセントがある場合、何かの拍子で抜けてしまっていることもあります。

コンセントが抜けていなければ、ACアダプタとノートパソコンの接続を確認してください。この接続もしっかりできていないと、電源が入らないことがあります。

ACアダプタとは

コンセントとノートパソコンを接続するもので、電源からパソコン用の電力を出力するものです。

次に節電用スイッチの付いている延長コードを使っている場合、スイッチがOFFになっていないか確認してください。OFFになっていると、コードが抜けていないくても電源が入りません。

タコ足配線を使っている場合は、電力供給が不足していて電源が入らないこともあります。直接コンセントに電源コードを差し込み、起動するかを確認してください。

コンセントやノートパソコンとの接続が問題ない場合、ACアダプタの電源コードや延長コードに問題があるかもしれません。折り曲げて使っていると、コード内部の導線が劣化して接触が悪くなったり、断線したりしてしまいます

そして通電がしなくなり、ノートパソコンが起動しないということも考えられます。

対処方法

コードが劣化しているのであれば、こちらも新品に交換してください。ACアダプタは家電量販店やインターネットで購入可能です。ただし、お使いのノートパソコンの型番に合うかどうかは必ず調べてください。

帯電している

パソコンを長時間使用していると、パソコンの内部に不必要な電気が溜まってしまいます。これを帯電している状態と言います。

帯電しているとパソコンの動作が不安定になったり、正常に動作しなかったりすることがあります。そこで、この溜まった電気を放出するために、放電することが必要です。

この方法は、メーカーや販売店のサポートに電話をしても勧められる対処法です。この放電作業で電源が入るようになることもあります。

対処方法

電源を完全に切った状態で、接続している周辺機器(USBメモリやCD、マウスなど)、さらにバッテリーも取り外します。この状態で1分から2分程度放置してください。その後、再度接続して、電源を入れてみてください。

周辺機器の問題

ノートパソコンに接続されているマウスやプリンタ、USBメモリなどの故障や不調が原因で、電源が入らないこともあります。

対象方法

周辺機器を全て取り外し、電源を入れてみてください。

ウイルスに感染

ウイルスの中には、パソコンの起動をできなくさせてしまうものもあります。電源が入らなくなる前に、何かクリックしていたり、ファイルを開封していたりした場合は、感染の可能性があります。

対象方法

LANケーブルを抜いたり、ワイヤレススイッチをオフにするなど、インターネットを切断してください。感染拡大を防ぐためです。起動ができれば、リカバリーをして、ウイルス駆除を行うと良いでしょう。

ワイヤレススイッチとは

無線LANスイッチのこととなります。Wi-Fiの受信有無を切り替えるスイッチで、ONの状態であればインターネットに接続できます。パソコンごとにスイッチの場所は違うので、マニュアルで確認しましょう。

リカバリーとは

パソコンの初期化のことを言います。工場出荷状態、つまりは一番最初に使用していた状態に戻すこととなります。後からインストールしたアプリや情報も全て消してしまうので、リカバリーをする時はデータの保存が必須です。

ただ、ソフト的なことなので、よくわからない場合や、画面に何も映らない場合は、パソコン専門業者に相談をした方が良いです。

実は電源が切れていない

設定によっては、実は電源は切れておらず、スリープ機能や休止状態になっているだけで、ノートパソコン自体には問題がないということもあります。

対象方法

キーボードのEnterキーを押したり、電源をもう一度入れてみてください。それで解除されることもあります。機種ごとに解除方法は違うので、マニュアルを読みましょう。

ここまでノートパソコンの電源が入らない原因と対処方法を見てきましたが、実際にはそこまで自身で対処できることはありません。ここまで説明してきたことで解消されない場合は、マザーボードなどの故障が考えられます。

マザーボードとは

パソコン内部にあり、複雑な電子回路と多くの部品が付いている緑色の基板のことです。パソコンを動かすためには、部品ごとに役割や機能は異なり、電源の供給や相互に通信する回路が必要になります。その動作をするために必要なものがマザーボードです。

ただ、何も調べずに修理業者にお願いすると、余計な手間や費用が掛かってしまうので、まずは自身で調べられることをしてから検討しましょう。

avatar
なっちゃん
電源が通っているかいないかが大きなポイントです。電源が来ていないのであれば、どこかに問題があるでしょう。

おすすめのパソコン修理業者

  • PCデポ
  • ドクター・ホームネット
  • ドスパラ
  • パソコン工房
  • パソコンドック24

ノートパソコンの電源が入らず、その原因は全くわからず、自分ではどうにもできなければパソコン修理業者にお願いするしかありません。

しかし、数多いパソコン修理業者からどこを選べば良いでしょうか

おすすめの5社をご紹介します。

PCデポ

他店舗で購入したパソコンも修理ができ、保証期間が過ぎていても対応可能です。パソコンだけでなく、周辺機器の診断は無料であり、訪問サポートも有償で実施しています。

店舗に来店し、予約なしでパソコンの診断を受けることができます。料金表もWEBサイトには準備されているので、概算金額を予測することも可能です。

名称PCデポ
運営会社株式会社ピーシーデポコーポレーション
住所神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-9
電話番号045-472-7795
WEBサイトhttps://www.pcdepot.co.jp

ドクター・ホームネット

最短当日中に数時間で訪問ができます。全都道府県に専門スタッフがおり、土日祝日や大型連休を問わずサポートが可能です。年中無休で対応もしています。

出張修理だけでなく、持ち込み修理や宅配修理も行っており、自分の仕事に合わせた形で修理をお願いできます。

名称ドクター・ホームネット
運営会社日本PCサービス株式会社
住所大阪府吹田市広芝町9-33
電話番号0120-713-835
WEBサイトhttps://www.4900.co.jp

ドスパラ

簡易見積もり診断がWEBサイトに準備されており、パソコンの状況を選択するだけで、概算金額がその場で算出できます。

全国対応の引取修理も行っており、店舗への持ち込みをせずとも対応可能です。電話サポートは365日24時間実施しているので、急な対応の時も頼りになります。

名称ドスパラ
運営会社株式会社サードウェーブ
住所東京都千代田区外神田2-14-10
電話番号03-5294-2041
WEBサイトhttps://www.dospara.co.jp/service/share.php

パソコン工房

全国70拠点のサポートネットワークを持っており、150名以上のマイクロソフト認定技術資格者スタッフを擁しており、サポート体制を整えています。

大手メーカーとパートナーと情報の協業を行っており、安全性の高いサービスを提供しています。

名称パソコン工房
運営会社株式会社ユニットコム
住所大阪市浪速区日本橋4-16-1
電話番号0570-066-620
WEBサイトhttps://pc-support.unitcom.co.jp

パソコンドック24

パソコン整備士が常駐しており、原則店舗内で修理を行います。修理方針を予算や修理後の使用状況に合わせた形で選ぶことができます

持ち込み修理、宅配修理、出張修理が可能で、どのような修理形式が良いのかも決めることが可能です。

名称パソコンドック24
運営会社株式会社 パソコンドック24
住所大阪市北区天神橋3-8-9
電話番号0120-399-049
WEBサイトhttps://www.pcdock24.com
avatar
なっちゃん
パソコン修理業者もたくさんあるので、WEBサイトを見て、自分に合った業者選定を必ずしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ノートパソコンの電源が入らない時は、まずは落ち着いて、パソコンの様子を確認しましょう。

もしそれでも電源が入らない場合は、大きな故障であることが考えられるので、プロの業者に任せてしまうことをお薦めします。

参考にしてみてください。