こんにちわ!こんばんわ!女性営業マンとして日々奮闘しているなっちゃんです!

新規開拓営業に関わる人ならばほとんどの人がテレアポ(テレフォン・アポイントメントの略)を経験したことが多いでしょう。

テレアポと聞くとしんどいと答える人も中にはいるかもしれません。受付で断られてしまい、なかなか担当者まで辿り着かない経験をしたことが背景にあるからでは無いでしょうか。

そこでテレアポを専門に行うテレアポ代行の会社があります。

テレアポの業務は外注先に委託してしまい、本来の商談時間を自社の営業パーソンが行う分業を行った方が、効率的です。

今回はテレアポ代行のメリットと、委託を検討するための選び方についてご紹介いたします。

テレアポ代行のメリット

  • 営業活動に専念できる
  • 営業経費の削減
  • 短期間で多くのアプローチ
  • レスポンスの早さ
  • キーマンリサーチ

テレアポでできることは、顧客への初期アプローチです。まだ訪問したことがなく、お互いに社名も担当者も知らない会社同士の初回の出会いを作ることとなります。

このテレアポを自社の営業パーソンが行うには、非常に重労働です。

しかし、新規開拓を行っていくにはテレアポは必要な業務となります。そうなると、この業務自体を外部に委託してしまった方が効率が良いです。

そこでまずはテレアポ代行のメリットについて整理してみましょう。

営業活動に専念できる

営業パーソンの仕事量も有限です。何でもできるというわけではありません。

もし、テレアポを自社の営業パーソンが行うとなると、営業現場から戻り、顧客リストをリストアップし、自分でトークスクリプトを考えて、実行することになります。

当然、営業パーソンにはそれぞれ顧客がいますので、売上が既にある顧客対応を優先とすることが多く、どうしてもテレアポは後回しになってしまうことが多いのではないでしょうか。

これではテレアポによる新規開拓を行いたくても、従来の仕事でいっぱいになってしまい、手を出すことができません。

そこで、テレアポ代行を委託し、実際のアポイントが取れてから、自社の営業パーソンが訪問し、商談をした方が明らかに効率的です。

テレアポ代行のスタッフであれば、長年のスキルを活かし、見込み顧客の獲得ができることでしょう。自社営業パーソンはその後の商談に集中すれば良くなります。

営業経費の削減

自社でテレアポ業務を行うとなると、徹底した社員への教育が必要となります。そのためには初期投資が必要です。

例えば、研修スタッフ、テレアポ業務スタッフの人件費、パソコンや電話機、通信費用などがそれに当たります。

特に人件費は固定コストが必要で、これが長期間続くと営業経費としても無視できないものとなります。

しかし、テレアポ代行に委託してしまえば、業務に必要な環境については代行会社が整備しますし、自社の固定出費を抑えることが可能です。

長い目で見れば余計な営業経費の抑制を実現できるので、大きなメリットと言えるでしょう。

短期間で多くのアプローチ

テレアポ代行に委託し、スタッフの人員を揃えることができれば、1日に大量の電話を掛けることが可能となります。

既にスキルを持ったスタッフがいるので、トークスクリプトを作ることもできますし、電話掛けをすることがメイン業務なので、他の仕事で後回しにするということもありません。

豊富な経験から積み上げたノウハウやスキルといった、プロフェッショナルな能力をテレアポ代行会社は持っていることが多いです。

その能力を存分に発揮することで、短期間に多くのアプローチが実現できます。

レスポンスの早さ

短期間で多くのアプローチができるので、テレアポの結果もすぐに返ってきます。そのため、ビジネスチャンスを逃すことがありません。

レスポンスが早いので、顧客の反応もダイレクトに見ることができます。例えばニーズがあるのか無いのか、そのような自社商材の見直しに必要な情報まで手に入れることができるでしょう。

キーマンリサーチ

テレアポはキーマンが誰かを収集することが可能です。キーマンさえ分かれば、その後はFAXやダイレクトメールといった他の営業手段を取ることもできるようになります。

宛先がわかるダイレクトメールの方が、わからないものよりも開封率が高いので、キーマンがわかるだけで次の営業手法を取ることが可能です。

テレアポ代行スタッフもキーマンを知ることが重要であることは当然認識しているので、どのように聞き出すかのトークスクリプトもこれまでの経験から準備をしているでしょう。

テレアポ代行のメリットをご紹介しましたが、テレアポ代行企業を委託することによるメリットはいくつもあることがわかります。

自社内で行おうとすると、コストもかかるし、後回しにされてしまう可能性もあるので、外部に委託をした方が新規展開も早く進むでしょう。

avatar
なっちゃん
テレアポ代行を利用すれば、新規開拓のスピード感が増し、営業活動をさらに活発にすることができます。

テレアポ代行会社の選び方

  • 報告レポート提出が有る
  • 営業担当者がつく
  • トークスクリプトを考えてくれる
  • 改善や見直し対応可能

テレアポ代行会社を選ぶとき、どのようなことに注意をすれば良いでしょうか。

せっかくテレアポを委託するので、知名度や価格だけで選んでしまっては、新規開拓の機会を活かすことができません。

テレアポ代行会社を選ぶポイントについて具体的に見てみましょう。

報告レポート提出が有る

まずは、実施した内容の定期的な報告レポートを提出してくれるテレアポ会社であることが必須です。また、実施を行ったかのエビデンスにもなります。

どんなところにどんな内容で電話し、結果がどうだったのかがわからなくては、評価ができません。

報告レポートを見ながら、途中でトークスクリプトを変えたり、あるいはリストのターゲットを変えたりすることができることが重要です。

実施前に検討を十分に行うことは大前提ですが、成果を見ながら修正を行うためにも報告レポート提出が必ず有るところにしましょう。

営業担当者がつく

営業担当者がいれば、窓口として動いてくれるので、改善や要求に対しても回答してくれます。

テレアポ業界も参入企業が増えてきたので、価格競争が生じており、営業担当を置かないでWEBサイトや電話で受注をするところもあります。しかし、なるべくならば営業担当者がいるところの方が良いでしょう。

信頼できる担当営業がいれば、何か問題があった時の対処も早くできます。

トークスクリプトを考えてくれる

電話で話すトークスクリプトを考えてくれることも重要です。

トークスクリプトとは

テレアポ時に話す内容や順番をあらかじめ決めておく「トーク台本」のことです。

キーマンリサーチやアポイント取得のためにも、トークスクリプトによって成功率は大きく変わります

テレアポ代行会社はこれまでの経験により、テレアポトークを実践してきているので、そのスキルを使わない手はありません。

そのため、トークスクリプトを考えてくれるところを選ぶと良いでしょう。

ただ、商材によってはテレアポ代行会社に説明をすることは必要です。そのため、トークスクリプトを作るための時間を設けて、試行錯誤をしてくれるところは尚良いです。

その際に、トークスクリプトに入れて欲しい内容や聞いて欲しいことなども盛り込み、一緒になって作り上げていくことで、テレアポ代行会社との信頼関係も作ることができるのではないでしょうか。

改善や見直し対応が可能

改善や見直しはとても大切です。

定期的な報告レポートを見ながら、良かった点と悪かった点を明確にし、その都度見直しを行った方が、より成功するテレアポになるでしょう。

ここはテレアポ代行会社に全てをお願いするのではなく、改善要望などについては自分たちでも検討をする必要があります。

もしもうまくいっていないのであれば、トークスクリプトに問題があるのかもしれませんし、対応しているリストを変えた方がいいのかもしれません。どんなところを見直すのかを考えましょう。

定期的にレポートを見て、テレアポ代行会社への要求改善ができるところを選べた方が、臨機応変な対応が可能となります。

これらのポイントについてテレアポ代行会社を比較し、あとは値段なども考慮することも大切です。

そして委託するときは自社のリストを提供し、利用してもらうようにしましょう。テレアポ代行会社が最初から商品について理解をしていることは難しいので、既に用意しているリストを用いた方が確度が上がります。

そのため、自社でアプローチしたいリストは事前に作っておくと良いでしょう。

avatar
なっちゃん
テレアポ代行会社も多数あるので、ポイントを見極めて委託しないと、望んでいた結果を得られないこともあるので注意しましょう。

おすすめのテレアポ代行会社

最後におすすめのテレアポ代行会社を紹介しますが、料金形態の代表的なものに成果報酬型とコール課金型があります

どちらもメリットとデメリットがあるので、自分たちが行いたいテレアポ内容に応じて、検討をしていくと良いでのではないでしょうか。

成果報酬型のおすすめテレアポ代行

成果報酬型は、アポイント1件獲得に対して金額が設定されており、成果に対して課金されていく料金形態です。

そのため、テレアポをお願いした結果、架電リストからアポイントが1件も取れなかった場合は無駄な費用が発生しないメリットがあります。

一方で、テレアポ代行会社も必死になってアポイントを取りにいきますので、場合によっては挨拶だけのアポイントなどの、質の低いものまでカウントされてしまうデメリットも考えられます。

実際に委託を検討する時は、どのようなアポイント内容にしたいのかまでを決めた上で、進めた方が良いでしょう。

それでは、成果報酬型のおすすめテレアポ代行会社を紹介します。

株式会社ディグロス

1,000社以上の営業支援実績を持つテレアポ代行企業です。エステや保険、保守サービス、人材派遣、ノベルティグッズなど、これまで支援してきた業界は多種多様です。

自社ホームページには過去の支援実績が詳しく書かれており、委託検討にも参考にできます。

社名株式会社ディグロス
住所東京都新宿区歌舞伎町2-2-15
電話番号03-6822-9291
WEBhttp://dgloss.co.jp

コミットメントα(株式会社コミットメントホールディングス)

コミットメントαというサービス名称で、テレアポ代行を行っております。

ただし、テレアポ代行の専業ではなく、NTTコミュニケーションズの代理店としてコールセンターを運営しており、全国ナンバーワンの成果を出しており、実業で売上を上げているコールセンターです。

また、トークスクリプトにはコピーライターが監修するため、良質なアポイント取得につなげています。

そして、サービス品質の劣化を抑えため、毎月5社までしか受け付けないというこだわりも持っています。

社名株式会社コミットメントホールディングス
住所東京都渋谷区広尾1-11-2
電話番号0120-157-345
WEBhttps://www.office-com.net/teleapo

株式会社マニフェスト

取引実績は400社以上を超えており、特徴としては電話をかけるアポインターの90%が訪問による法人営業の経験者であることです。

アポイントメントの単価も1件あたり15,000円から30,000円となっており、最終ロット件数も決めていません。

そのため、リスクを最小化した完全成果報酬型テレアポ代行を実現しています。

社名株式会社マニフェスト
住所愛知県名古屋市中区丸の内3-18-1
電話番号052-253-8977
WEBhttps://manifestcic.com

コール課金型のおすすめテレアポ代行

コール課金型は架電数に応じて費用が生じる料金形態です。または従量課金型とも言います。

このコール課金型は1件あたりのコール費用が数百円と安く、比較的低コストでの運用が可能です。また、アポイントがたくさん取れた場合には費用対効果が非常に高くなるメリットがあります。

一方でアポイントが1件も取れなかったり、架電ごとに費用が掛かるので不通であったものにも費用が発生するというデメリットもあるので、注意してください。

それでは、コール課金型のおすすめテレアポ代行会社を紹介します。

LIST TRAIN(リスト・トレイン・サービス株式会社)

弊社でもテレアポ代行を行っています。専任オペレーターがアウトバウンドコールによって、テレアポ代行を行います。リストについては持ち込みもデータベースからの抽出も可能です。

実施前には営業担当とどのようなテレアポにしたいのか、事前打ち合わせを綿密に行ってから、実際のテレアポに着手します。

また、架電の結果を毎日報告し、実施状況を逐次確認できます。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

社名株式会社ネット・トレイン・サービス
住所大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17
電話番号06-6774-3434
WEBhttps://list-train.jp

ビズコール(株式会社イクイップ)

99円で1コールという業界でも安い価格で提供しています。また、アポイント保証制度という、アポイント数の保証があるので、安心して利用できます。

スタッフには2年以上テレアポや営業経験を積んだものしか採用しておらず、多様なリクエストにも応えられるようにしています。

そして、最短で翌日からコール業務ができるように体制を整えており、すぐに行動をしたいというリクエストにも対応可能です。

社名株式会社イクイップ
住所東京都港区南青山2-2-15
電話番号0120-900-665
WEBhttps://www.xn--cckud4cucw96tr81e.jp/

株式会社FTJ

BtoBに特化したテレアポ代行会社です。

業務、規模、体制、予算に合わせたテレアポ代行業務を行っています。また、数日間だけのスポット対応も可能です。

テレアポ以外にも、セミナーや説明会への呼び込み、顧客満足度調査、市場調査も行っており、実際に多くの実績を持っています。

社名株式会社FTJ
住所東京都品川区西五反田8-8-16
電話番号03-6420-0409
WEBhttps://ftj-g.co.jp

株式会社ambient(アンビエント)

各業界でのアポイント獲得実績のある豊富な専任女性オペレーターを配置し、専門知識が必要な時の対応も可能です。

メガバンクで使用されているのと同じ最新のコールシステムを導入しており、このシステムにはこれまでのデータが蓄積されています。

このデータベースから導き出された情報を元に架電するので、質の高いアポイントの獲得が期待できます。

社名株式会社ambient(アンビエント)
住所東京都新宿区新宿2-2-7
電話番号03-6779-4488
WEBhttp://ambient-co.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか。

テレアポは自社で行うと大きなコストが発生しますが、代行会社に任せることで、アポイントの取得を委託し、自社営業パーソンは商談に集中することができます。

ただし、テレアポ代行会社も多数あるので、十分に検討をした上で、決めることも非常に重要です。委託したのであれば、最大限の効果を出せるように、委託先とも一緒に行動することが必要でしょう。