こんにちわ!こんばんわ!女性営業マンとして日々奮闘しているなっちゃんです!

新入社員のみなさんは、有給は取っていますか?

「え?入ったがっかりなのに有給取れるの?」と思った人はいませんか?

体調が悪いときに、有給があるかわからなくて無理して出勤したなんて経験ありませんか?

有給がないと欠勤扱いになるため、給料が減ったり、成績が悪くなるかもと不安になり、休めませんよね。

結論をいいますと、条件付きですが、新入社員でも有給は取れます。

本記事では、新入社員の有給について解説し、とりやすくする方法や注意点を解説します。

新入社員でも有給はとれます

・新入社員は入社6ヵ月から有給休暇を必ずとれる

・会社によって違う

新入社員の皆さんでも有給休暇はとれます。これは労働基準法第39条に定められています。では、その内容から、新入社員が有給を取れる理由と取れる日数について解説します。

新入社員は入社6ヵ月から有給休暇を必ずとれる

新入社員の方は、入社6ヵ月から有給休暇が取れます

これは、労働基準法第39条に定められています。「使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。(引用元:労働基準法第39条)」と定められています。

つまり、入社後六か月経過し、全労働日の8割以上出勤していれば、有給は法律的に10日分が発生します。

全労働日とは、出勤期間の日数から就業規則に定められた休日を差し引いた日のことを言います。

また、会社側が有給休暇を与えなかった場合、罰則があります。罰則の内容は。6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金になります。

新入社員であっても、法律上、有給休暇はとることができます。また、2019年4月より年10日以上の有給が与えられている人に対して、最低5日間の有給を取得させる義務があります。

これにより、有給がより取りやすくなると考えられます。

会社によって違う

法律は最低限の有給になります。会社によっては、入社日から有給が発生する会社もあります。また、入社から半年間は、1ヵ月に1日付与し、半年後、5日一気に付与するなんて会社もあります。

つまり、会社によって新入社員が有給をとれるようになる日が異なります。

なので、学生時代の友人と有給を取れるタイミングが違うこともあります。決して、「自分の会社はおかしい」なんて思わないようにしましょう

有給については、就業規則に書かれているので、確認してみましょう。

有給を取りやすくするために

・お願いをする

・指導してくれている先輩にも報告

・3日以上前に報告

・普段の仕事をきちんとこなす

新入社員が有給をとる権利があるからといっても、職場の雰囲気によってはとりづらいなんてことはありませんか。また、「新入社員のくせに有給なんて」と思う人もいます。

有給をとるときは嫌な気分になりたくないですよね。ここでは有給をとりやすくするために、すべきことを解説します。

お願いをする

有給を取得するときは、上司にお願いをするということが大切です。

「〇日に有給をいただきます」ではなく、「〇日に有給をいただきたいのですが、よろしいでしょうか」と聞きましょう。

いきなり日程まで決めて、休みますと宣言すると印象が悪くなります。上司からしてみれば、「え?この子は何も相談なしで決めるの?」なんて思われかねません。

病気のときも、「体調が悪いので、お休みいただいてもよろしいでしょうか」とお願いをするように尋ねるとベターです。

いくら有給が権利とはいえ、有給をとるときの話し方には注意しましょう。今後の仕事に影響しないとも限りません。

指導してくれている先輩にも報告

もし、指導員のような先輩がいるのであれば、その人にも事前に報告することをオススメします。基本的に有給は上司の許可があればとることができます。しかし、指導員はあなたの指導計画を入れようとしているかもしれませんので、事前に一言かけましょう。

報告しないとあなたの印象は悪くなります。「報連相ができない」なんて印象を持たれかねません。

報告するタイミングは上司から許可を得た後にしましょう。「申し訳ありませんが、〇日に休暇いただきたいのですが、よろしでしょうか?」と聞きましょう。

日々、あなたの指導を考えてくれている先輩への気遣いを忘れないように、報告はきちんとしましょう。

3日以上前に報告

有給をとりたいと思ったら、早めの報告を心掛けましょう。目安としては、3日前までに報告しましょう。

前日にいきなり、言われると仕事の調整等、上司や先輩も慌てることになります。できる限り早くいうことは大切です。もちろん急用とかもありますので、絶対ではありません。

もし、前日になる場合は、きちんと謝罪することが大切です。

また、早すぎる報告もやめた方がいいでしょう。

例えば1ヵ月前だと、忘れられてしまうこともあります。自分が休んで、上司や先輩の迷惑にならないようにある程度早めの報告が必要です。

普段の仕事をきちんとこなす

普段の仕事をきちんとすることで、有給をとっても悪い印象を与えなくなります。つまり、普段の姿勢が大切になります。

仕事をきちんとやらない人が有給を取れば、ちょっと印象が悪くなりませんか。「仕事しないのに休みはとるのか」と思われてしまいます。

反対に、仕事を頑張ってこなしていれば、「頑張ってるし、いいかな」と思われます。

取るときの手順だけでなく、普段の姿勢から休みを取りやすい環境を作りましょう

有給を取る際の注意点

有給を取る際に、注意するべきこともあります。無条件に自由に取れるのが有給休暇ではありません。時と場合によって、希望日に休めないこともあります。

ここでは有給を取る際の注意点を解説します。

上司の判断で変えることができる

有給休暇は基本的に雇用者による制限はできません。そのため、希望を出せば希望日に有給はとれます。しかし、会社の業務上妨げになる場合は上司の判断で、有給の取得日を変えることができます。

なので、年末や期末などの繁盛期に申請しても、忙しくて仕事が回らない場合は希望日にとれなこともあります。仕事の状況や周りを見て、有給がとれそうか確認してみましょう。

まとめ

新入社員の有給について解説しました。新入社員でも有給はとれるということが分かっていただけたでしょうか。

働き方改革により、日本政府も有給の取得を義務化し、推奨しています。過去に比べて、新入社員でも有給はとりやすい環境になっています。

しかし、有給をとる際は周りへの気遣いを忘れないようにしましょう。社会人としての配慮を忘れず、休暇を使っていきましょう。