こんにちは!こんばんは!女性営業マンとして日々奮闘している「なっちゃん」です!

いきなりですがみなさんはメンタルが強いですか?それとも弱いですか?

営業職では【メンタルの弱さ】は致命傷になってしまう可能性が高いです。【自分を変えたい。】と思ってもメンタルが弱いと結局マイナス思考になってしまい【自分には無理だ。】となってしまいます。

メンタルが弱い人には特徴がありその特徴が全て関連して悪循環になっているんです。ですが、実は変える事は可能なのです。

自分の弱みを理解したうえで、メンタルを強くする為の簡単なコツを実行すれば、きっとあなたのメンタルも強くなります。

そこで今回は、具体的に【どのような特徴があり、どうして営業職に向いてないのか。】そして【メンタルを強くする為のコツ】をご紹介させていただきます。

メンタル弱い人の特徴

  • 自分に自信がない
  • 落ち込みやすい
  • 愚痴・弱音が多い
  • 他人の目を気にしやすい
  • 他人の意見に振り回されやすい
  • 緊張しやすい
  • ネガティブに捉えやすい
  • 自己主張が苦手
  • マイナス思考になりがち

まず代表的な所で9つの特徴を書き出してみました。

さて、気付きましたか?9つあるバラバラな特徴ですが、全て関連しているのです。

メンタル弱い人の悪循環

落ち込みやすいのは、自分に自信がなくネガティブに捉えやすいから。

愚痴や弱音が多いのは、自己主張が苦手な為不満を溜めてしまうから。

自分に自信がないから、他人の目を気にしてしまい他人の意見に振り回される。

他人の目を気にして、緊張しマイナス思考になって失敗してしまう。

こんな悪循環になってしまっているのが特徴です。

メンタルが弱い人が営業に向かない理由

【メンタルが弱い人は営業に向いていない。】と言われてます。

ではなぜ営業に向いていないのでしょうか。

大きく分けて4つご紹介いたします。

不安、焦りを覚えやすい

営業職は訪問、プレゼン、契約などお客様と対面でのやり取りが多いのが特徴です。

メンタルが弱い人は緊張から恐怖心や不安、焦りという感情に押しつぶされてしまいます。そのような感情に支配され本来の自分の力を発揮する事が出来なくなってしまうと、営業職として結果を出すことは難しと考えられます。

ネガティブに考えてしまう

メンタルが弱い人は自分に自信がなくマイナス思考な為、あらゆる場面で【どうせ駄目だ】【どうせ上手くいかない】などと考えてしまい、必要以上に自分を卑下してしまうけい傾向があります。

売れない理由やデメリットばかり想像し【契約できない】イメージを膨らませてしまい、商談の前からネガティブになり戦意喪失の状態でいざ商談!となってもいい結果がでるとは思えません。

失敗を恐れる

営業職では、アポイントをとり訪問し商談し契約する。という流れがあり、その流れの成功率はおそよ20%と言われています。つまりおよそ80%はアポイントを取る事ができなかったり、商談で上手くいかなかったりで契約に結び付かないという結果になります。

その為、営業マンは【失敗を恐れない。】【断られて当たり前。】と開き直る必要があります。

ですがメンタルが弱い人は人一倍失敗を恐れてしまい開き直る事ができない事が多いので成功辿り着く前に、仕事への戦意を失ってしまう傾向があります。

常に周囲と自分を比較してしまう

人と比べるという事は、その時の思考によってプラスにもマイナスにもなります。

メンタルが強い人は『あの人は1日〇件契約取ってきたなら、それを上回るような戦略を考えよう。』と考えますが

メンタルが弱い人は『どうせ、追いつけないし自分には無理だ。自分は劣ってる。』と考えてしまいます。

つまりネガティブ思考で比べてしまうと負の感情を生み出してしまい結果的に成果も上がらない事があるという事です。

メンタルを強くする為のコツ

【メンタルが弱い人は治らない。】なんてことはありません。

考え方を変えて、少しずつ改善していけばきっとメンタルは強くなります。

メンタルを強くする方法は沢山ありますが、

ここではまず基本!そしてすぐに心がける事ができるコツ!をご紹介いたします。

「まあいいや」の誠心

とりあえず、何でもかんでも【まあいいや。】とフランクに考える事です。

トップセールスマンでも失敗する事はたくさんあります。お客様はただでさえ『何か売られる。』と身構えし、まずは断られますし、時にはきつい言葉も言われます。

失敗した時や悪いことが起きた時、全て自分のせいだと思わずにとりあえず【まあいいや。】と考える癖を付けましょう。心の底から【まあいいや」】と思える事が増えれば自然に自信が付いてきて、メンタルも高まってきます。

ここで勘違いしないで欲しいのは【失敗してもいいや。】ではなく【深刻に受け止めなくてもいいや。】という意味だという事です。もちろん同じ失敗を繰り返さないように改善策を考える必要はあるという事は忘れないで下さい。

断られて当たり前だと思う

上記にもありましたが、営業職は20%の成功率で80%は失敗します。

本当に、ほぼ断られます!何度も断られます!営業職である以上、精神的なストレスがかなりかかります。なので断られるたびに落ち込んでいては、どんどんメンタルは弱くなっていきます。

よってメンタルを強く持ち続ける為には【断られて当たり前】と気持ちに余裕を持ち、数回断られたくらいではなんとも思わないくらいがメンタルを守ることができ、ちょうど良いのです。

断られて当たり前という気持ちで営業をすると、営業マンっぽい【売り込み感】が薄まる事もあり結果的に今よりも営業成績が上がる可能性が高いです。

自分に勇気をもらう

メンタルを強くするために必要な事は精神面に対する【応援】【褒める】【励ます】ことです。人は誰かに応援されたり褒められる事や、励まされると勇気がでたりやる気が出たりするのです。

しかし、誰かから常に褒められたりする事はなかなかあるわけではありません。そこで、自分自身に勇気をもらい応援してもらうのです。そうする事でいつでも褒められ、応援や励ましの言葉を貰うことができます。

毎日仕事が終わってから寝るまでの習慣の中に【最低1つは自分を褒める部分を探す。】という事を行ってみましょう。少しではありますが自分に自信が持てるようになり、勇気とやる気をもって営業活動ができるでしょう。

笑顔であいさつをしよう

これは基本中の基本ですが、とても大切な事です。ですがその当たり前ができてない人はとても多いです。

笑顔で挨拶をする事で自然とモチベーションが上がり前向きな気持ちになれるのです。

自分から挨拶をする事は慣れていないと最初は恥ずかしくて、少し勇気が必要かもしれませんが、今日出来たら明日もやってみよう!と、続けてみてください。慣れてきて習慣になっていき、そのうち挨拶以外のコミュニケーションも取れるようになります。

コミュニケーションをとり、メンタルを前向きにすることは営業職において、とても重要な事です!ぜひ、基本中の基本【挨拶をする】事を毎朝行ってみてください。

まとめ。

いかがでしたでしょうか。

今回はメンタルが弱い人の特徴と、なぜ営業職に向いてないのか。そしてメンタルを強くする為のコツをご紹介いたしました。

仕事をしていくうえで、メンタルを強くすることは重要です。ですが最初から心臓に毛が生えているような営業マンなんていません。

自分の弱みを理解したうえで、メンタルを強くする為の簡単なコツを実行すれば、きっとあなたのメンタルも強くなるでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。