こんにちは!こんばんわ!女性営業マンとして日々奮闘している「なっちゃん」です。

みなさんは普段どのような持ち物で営業活動をしていますか?

私は営業マンになるまでは、外回りをしたことがなかったので営業マンにはどのようなアイテム必須か、よくわかりませんでした。そんなこともありながら現在は必要な物もわかり、何不自由なく営業活動、訪問が出来るようになりました。

なので今回は、私が営業マンになってこれだけは持ち歩いた方がいいと感じた営業マン必須アイテム!ご紹介いたします!

【ライバルに差をつけられるようなマル秘アイテム】と【常識的】に持っておくべきアイテムと分けてますので最後までご覧ください!

営業マン必須アイテム|ライバルに差をつける編|

ではまず、持ってない人が多い!あると便利なマル秘アイテムを4つご紹介いたします!

どこでも手に入るものなので是非、ビジネスバックに忍ばせていざという時にスッと出し、ライバルに差をつけてください!

A4の白紙用紙

これは私の場合ですが、提案書やパンフレットで紹介する際に、提案書やパンフレットを元にA4の白紙用紙にそのお客様のニーズに合わせてそのお客様専用の提案をその場で書き、提案していました。

その専用の提案書があれば商談後お客様に渡し見直してもらう事も出来ますし、ノートではなく白紙の紙なので書き方も図も自由に書くことができます。

パパっと書くことが出来ますしお客様に特別感も感じてもらえるので試してみて下さい!

朱肉、印鑑マット

忘れがちなものですが、朱肉と印鑑マットはセットで持ち歩くことをおススメします。

捺印は、契約成立という意味ですのでイコールお客様はお金を支払う事が確定する事を意味します。なので、少なからずお客様には気持ちよく捺印してもらえるように、最大限の準備はしましょう。

訪問営業でしたらお客様側が持っている事が多いですが、その場合でもこちら側で準備する事が大切です。

アプローチブック、提案資料

商談の際、きっとお客様から様々な質問が飛んでくることでしょう。その質問に答える為に、パンフレットのほかに来るであろう質問への回答資料や、パワーポイントの内容を印刷したもの、提案資料を持ち歩くのは営業マンとして欠かせない事です。

パソコンが普及したとはいえやはりパッと紙の資料を目の前に出した方がスムーズです。予め準備し持ち歩くようにしましょう。

アプローチブックとは?

アプローチブックとは、図や写真、グラフなどを用いてお客様に言葉では説明しにくい部分をパワーポイントやExcelでわかりやすくまとめて作成する資料の事で営業トークを補助するための物です。

私は、プレゼンの際のスライドショーを印刷し、バインダーやクリアファイルに挿入して持ち歩いてました。

口臭、体臭ケア用品

営業マンは身だしなみもそうですが、清潔感が大切です。

決して、いい匂いの営業マンではなくクリア(透明)な営業マンが好まれます。

体臭を気にして香水やボディミストなどを付けすぎると、お客様に嫌がられたり匂いが残ってかえって迷惑になる事もあります。

体臭はファブリーズやリセッシュなど、自然な香りに徹底し、口臭はコンビニなどで購入できるガムや、口臭ケア用品を活用するとよいでしょう。

営業マン必須アイテム|常識編|

ここからは、営業マン必須アイテムを9つご紹介いたします。

常識的な物ばかりですが適量などアドバイスさせていただきますのでバックの中身の確認の為にもご覧ください!

名刺、名刺入れ

まず、名刺と名刺入れがないと話になりません。

名刺交換は営業マンの基本です。忘れてしまってもお客様の名刺をもらう事はできると思いますが名前も、会社名も覚えてもらえません。

財布やカバンにも数枚入れておく事で名刺入れを忘れても名刺交換を出来るようになりますし、予想より取引先で対応する人の数が多くなった時に便利なので必要枚数以外にも持ち歩いておきましょう。

自社商品パンフレット

これも、もちろんなければ話は始まりません。

名刺同様、予想より取引先で対応する人の数が多くなった時のために多めに持っておくのがいいでしょう。

クリアファイルなどに入れ、なるべく折れていたり汚れないようにしておくのが常識です。

ビジネスバッグ

ビジネスバッグは持ち物に、入れるか悩みましたが…

ビジネスバックは営業マンにとってとても大切です。印象も変わりますし、お客様からしたら嫌でも目に入ります。

営業マンは外回りが多いのでふとした時に情報が漏れないよう、なるべく中身が見えずらいようなバッグを選ぶのがいいでしょう。

契約書

企業の規模にもよりますが、個人や中小規模の法人相手の営業マンであればお客様の気持ちが変わらないうちに契約書を書いてもらうためにも、必ず契約書を複数枚は持ち歩く必要があります。

大手向けの提案は、帰社後一契約ずつ作成する事ももちろんありますが、その場合でもお客様の記入ミスなども考えて、出来れば複数枚は持ち歩きましょう。

iPhone、スマホ

営業マンで持っていない人はいないのではないでしょうか。

  • 電話
  • メール
  • メモ
  • 写真
  • 名刺管理
  • 検索
  • 録音、レコーダー

使い方は無限大です。連絡手段はもちろん、軽いメモ、写真、商談内容や自分の営業トークを録音し、後で確認したりもできます。

会社から支給される事も多いと思いますが、お客様との連絡手段がメールよりラインやチャットアプリの方が手っ取り早い事もあるので、ガラケーしか持っていないという方は、ビジネス専用にスマホの購入を検討してみる事をおススメします。

ノートパソコンかiPad

ノートパソコンは、基本的に会社から支給されることが多いと思います。

スマホでは出来ないExcelやパワーポイントの作成や編集、又、説明会などではケーブルを準備しスクリーンに画面を映す事も出来ます。

スマホがあればテザリングで社外でもネット接続出来ますし、USBで資料やデータの持ち運びも可能で営業マンにとっては必要不可欠なものです。

ボールペン

もちろんボールペンも必需品です。

高級ボールペンがいい、逆に安物がいい。など賛否両論ですが、私はどちらも持ち歩いてました。

理由は、社長など偉い方と会う際は手元まで見られている可能性がある為、ある程度いいボールペンを使い、パパっとメモを取ったり記名する際には安物にしていました。

ちょっと貸して!で返ってこなかったり、置き忘れた時高級ボールペンだとショックがでかいので普段使いと大切な時と分けておくのがおススメです!

財布

電車代や駐車場代を払ったりで使うからという理由もありますが、喫茶店などで商談をする事もあるかもしれません。

その際にはお財布を出さなければなりません。ボロボロの財布はみっともないですし、派手すぎるブランドの財布もいい印象は与えられません。

センスや職種にも分かれると思いますが、仕事用のお財布はなるべくシンプルなものを選びましょう。

モバイルバッテリー

上記の、スマートフォンとノートパソコンは電源がなくなってしまうと仕事が成り立たなくなってしまいます。

車での営業でしたら充電機で大丈夫ですが、車などではない場合は充電がなくなるとカフェなどに入らなければならないため、余計な出費がかかりますし時間もかかります。

こんな時の為に容量が大きめのモバイルバッテリーを持ち歩くと便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はあると便利なマル秘アイテムを4つと営業マン必須アイテム(常識編)を9つご紹介いたしました。

これから営業マンになる方も現在営業マンの方も、今一度ビジネスバッグの中を見直し持ち物の確認をして何不自由なく営業活動、訪問が出来るようにしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。